アドラー心理学「勇気づけ」で
「自分の問題を自分で解決できる能力がある」子どもたちのお手伝いができるよう日々鍛錬中

2016-01-28

次から次へと気になること

年中の娘の「朝の出発」問題から少し解放されたと思ったら、次はまた違うことが気になりますね。

「一難去ってまた一難」ですが、
一難と思うかどうかは私の主体性のなすところ。

陰性感情を作りだしているのも私。
そう理解しても、陰性感情をのりこえるにはまだまだ道のりは長い。

ここ最近、子どもたちの私が不適切だと感じる行動を整理してみようと思います。


息子(小学1年生)

2年生への進級を見据えて、学校からの時間割の連絡がプリント配布から、子どもたち自らが前日に時間割を連絡帳に書き留めるというスタイルに変える移行期間になりました。

筆箱の中身が揃っていないだとか、
給食袋に歯ブラシを入れ忘れただとか、

完璧とはいえないものの、時間割のプリントを見ながら準備ができていたのに、
連絡帳に書き留めるスタイルになってから、教科書の入れ忘れなどが続いています。

やり方が変わったのに上手くまだ対応できないのかな~?
ちゃんとできていたのにできなくなって
私は「どうして?」の不安と「やればできるでしょ」の怒りというか責める陰性感情を持っております。

「必要なものを自分で書き留め、準備して学校に行く」は自立への道ですから、お手伝いをしたいのですが、陰性感情を使ってお手伝いをしていては、たとえ行動面で自立できたように見えても、
心理面では勇気をくじいてしまいますので、行動面、心理面ともにいい方向に向かうように、少し自分自身を点検してみます。




息子(小学1年生)&娘(年中)

ほぼ毎日、兄妹喧嘩
この光景を見るのに少しは私も耐性できるようになったものの、

「イヤだ」「やめて」と言い続けているのに続ける息子の執拗にも見えるちょっかいと、その時に娘がよく言う「お母さんに言うもんね」の言葉

「仲良く暮らそうよ」というメッセージは言葉にして伝えているのですが、それだけではどうも上手く、子どもたちには伝わっていない様子。上手く言葉に表現できないけれど、モヤモヤするのです。
この私のモヤモヤの気持ちの点検と子どもたちの行動の目的を聞いてみようと思っています。



私が陰性感情を持たずして子どもと向き合える態勢を整えるため、問題(エピソード)の自己分析をしてみます。



2016-01-19

どうしたら気持ちよく時間に間に合うように出発できるか? 再び -3

話し合いをして娘と決めたアナログ時計作戦は効果ありです!
そして、娘は時間の概念というのを学びの段階であるのだな~ということにも気付かせてくれました。

5分という時間の感覚
「あと5分」という時に自分の今の状況を判断して動くということは大人なら分かっているけれど、年中の娘はそれを学んでいる最中のようです。

「えええ、早すぎる!」を経験したり、
「わーい、早くできた!」を経験しながら、感覚を身に付けていくのですね。

学びの段階と分かれば、手助けしやすい。

同じ「どうしたら気持ちよく時間に間に合うように出発できるか?」を目的にしていても、

次は歯磨き、次は給食の準備と親があれこれ指示をする方法もあるし、
親が何から何まで準備をする方法もあるけれど、

アドラー心理学のパセージの子育ての目標は

行動面では1)自立する 2)社会と調和して暮らせる
心理面では1)私は能力がある 2)人々は私の仲間だ

ですので、

娘自身が自分で考えて、何をしなくてはならないのかを考える経験を経て、「わ、間に合った、私はできるんだ!」という気持ちを味わっていくための手助けをしたいと思っています。



ここに至るまで紆余曲折ありましたが、私は何が問題だと決めているのか(主体性)、私はどうしたいのか(目的論)を分析し、整理することで、具体的な行動が見えた気がします。

漠然としているものを、1つ1つのエピソードで解いていけば、先は見えてくるのかもしれません。


2016-01-18

給食エプロン‐続き

さて、土曜日のお昼近くに気が付いた給食エプロンの続きですが、

色々と考えてはみた結果、土曜日の夜、洗濯を始める前にお伝えすることにしました。

課題の分離と結末の体験をした学びをとも考えたのですが、親の決意が弱いもので、伝えずには入れなかったというのと、

息子が気が付いた時に他のことで陰性感情を引きづっている可能性もあるわけで、そういうときに気持ちを切り替えて、ちゃんと伝えるべきことを伝えるのはまだまだ私は難しいので、陰性感情を持たずにいるときに伝えることを最優先しました。

母  「ねーお話してもいいかな?」
息子「なーに?」
母  「お掃除したときにちらっと見えたんだけど、ランドセルの中に何か大事なものがあるように思うんだけど」
息子「えええ、なーに?」
母  「ランドセルの中見てきて」

*****

息子「ああ、忘れてた」
母  「どうする?」
息子「洗う」
母  「そうだね、息子くんがさ、給食エプロンを月曜日に持って行かずに困るのは誰?」
息子「みんな」
母  「そうだね、忘れないように持って帰ってきたときはちゃんと出してね、洗濯に間に合ったら、
   お母さんが洗うから」


陰性感情を持たずに伝えられたことで「よし」とします。
それに息子が給食エプロンを忘れることで困るのがみんなと答えたことも社会と調和して暮らせることを学んでいることを確認できたかなと。


2016-01-16

給食エプロン

現在、土曜日の午前11時30分
気が付いてしまいました給食エプロンがランドセルの中にあることを。
給食当番の人が金曜日に持ち帰り、月曜日に洗濯し、アイロンを掛けて持って行かなければなりません。

上靴は自分自身で洗うこと、赤白帽子は洗濯カゴに入れておけば一緒に洗濯をすることになっていて、毎週末、持ち帰った上靴と赤白帽子について尋ねたんです「どうするの?」と。

息子は「洗わない」という選択をしたので、ま、それならそれでいいかと息子の意見を尊重したわけですが、
(この「洗わない」を何週にも続いて選択したときは、「もうそろそろ洗った方がいいと思うよ」と私の意見をお伝えするときもありますが、「まだ3学期が始まったばかりだし、それでいいか」と今週の私はそう思いました。これについては人それぞれ感覚(私的感覚)が違うので、どういう判断はそれぞれで違っていいと思います)

上靴と赤白帽子は息子自身の持ち物という大前提のもとでの息子の意見の尊重です。

給食エプロンについては毎週末ではないものの、赤白帽子と同じく、洗濯カゴに入れておいえば一緒に洗濯することになっているのですが、

息子は「洗わない」という選択をしたのか、それとも給食エプロンを持ち帰っていることをすっかり忘れているのか、尋ねてみようと思っています。

社会と調和して暮らせるために給食エプロンについては「クラスのもの」である以上、「洗わない」という選択ができないことをお伝えしなければならないと思っています。

自分で洗い、自分でアイロンを掛けることを体験してもらうか、
気が付いたのだから、お知らせして手助けするか、
他に学びの方法があるのか?

もう少し時間がある(時間的な制限でいくと日曜日午後までくらいかな?)ので、色々と考えてみたいと思います。

2016-01-12

結末の体験と課題の分離

年末年始、多くのテレビ番組がありました。
普段は見たいテレビを決めて、それ以外は見ないように相談して決めていますが、年末年始は実家にいたこともあり、ご飯、お風呂、そういった生活の時間は守って、テレビに関してはゆるーく、就寝時間もゆるーく過ごしておりました。

特に息子はクイズ番組、衝撃映像、お笑い番組、ほとんど全ての特別番組に興味があって、

母  「夜7時から○○あるけれど見る?」
息子「見る」
母  「夜10時まであるからさ、それまでにお風呂に入っておこうね」
息子「分かった」

こんな風に同意を得ながら、その通り生活できたら、それはそれはイライラせずにいられたのでしょうが、現実はそんな風に進みません・・・。

6時40分ごろに

母  「もうすぐ7時になるからお風呂に入ってしまおうか」
息子「分かった」
母  「お風呂の準備してもいいかな?」
息子「いいよ」

*****

母  「お風呂準備できたよ」
息子「はーい」

その後、動く(お風呂に入る)ことなく、7時を過ぎていく・・・ということが本当に本当によくありました。

「7時からのテレビを見たいといったのは息子なのに、なぜそのために行動しないの?」
「お風呂の準備をしたのに、なぜすぐに動かないの?」

と陰性感情を持っていたのですが、このことに関して少し寛容になりました。

実家で大人3人、子ども2人が、順番にお風呂に入るためには協力が必要で、そして、どちらかというと、「お風呂を終えてからのテレビ」は、年末年始にお世話になっている私たち親子が、おじいちゃん、おばあちゃんが普段の生活を乱すことなく気持ちよく一緒に協力して実家で過ごすための何となくのルール。

おじいちゃん、おばあちゃんとちゃんと話して決めたわけではないけれど、このルールについては、子どもたちにちゃんと説明して、納得してもらっていたので、お風呂が遅くなれば、その分、テレビを見る時間も減るわけで、

7時からのテレビを見るための準備をしなかった息子は、息子自身で結末を体験をし、

私は7時に見たいと言った番組を子どもが見たいならお手伝いしたいと思っていたけれど、それは子どもの課題で、親の手伝いは不要なのだな~とちゃんと課題の分離をする。

これができれば陰性感情はすーっと減っていきました。

実家は追い炊き機能があるお風呂で、早めにお風呂を準備しても温かいお風呂に入ることができるのも大きな一因なんですけどね、ま、家はその追い炊き機能がないから、お風呂が準備できたらすぐに入らないといけないんですけどね。

そういうことで、家ではお風呂の準備は自分でしていただきましょう。

2016-01-11

どうしたら気持ちよく時間に間に合うように出発できるか? 再び -2

3学期が始まりました。
「どうしたら気持ちよく時間に間に合うように出発できるか? 再び」の続きがスタートです。

以前の問題(不適切な行動)との違いは、身支度を整えることではなく、ご飯をダラダラと食べているために時間がないということなのです。

あ、コップが!
あ、手が汚れた!
と色々と言っては席を立ち、

時にはボーと空想して、
時間ばかり過ぎていく・・・という娘のご飯の時間は

朝だけでなく夜でもそうなのですが、朝はそこに出発する時間が迫ってきますから、30分を超える時間を朝ごはんに費やせないのです。

タイマーでのお知らせで共通の課題にできた息子と違い、娘にはこのタイマーでのお知らせは断られました。断られたら引き下がるのが鉄則 ならば違う提案を!と

母「娘ちゃん、3学期が始まるでしょ、バスの時間までにご飯を食べて準備するのに、ここに時計を置いてみようと思うの。娘ちゃん数字が読めるようになってるしね、分かるようになったからどうかな~?」
娘「いいよ、どこに置く?パンの棚に置いてくれる?そうするといつでも見られるから」

私の提案を受け入れてもらえて、時計を置くことができました。


しっかりと数字の入ったアナログの時計です。
時間が過ぎる感覚がまだ曖昧な成長段階の年中さん。
アナログの時計は感覚を育てるのにとてもいいと思います。

そうそう、息子もこんな成長を経て、今があるのでした。

どうしても二人目でこういう丁寧さが抜けていたのかもしれません。
手をかけなくても、2歳上の兄を見て、成長してきたところがあり、それに甘えて向き合うべきところに向き合わずにいたところがあったかもしれません。

一人目は過干渉になりそうで、二人目は手抜きし過ぎになりそう。
時々、子どもとの関わりを見つめなおしていきたいと思います。

さ、時計を置くという準備はできました。これからは日々の課題、どうなるでしょうか?!



2016-01-07

おつかい

新学期早々、給食が始まる息子と娘
新しい歯ブラシを用意するのを忘れていました。

体調が悪く、すぐそこのドラッグストアに一緒に行く元気もなかったので、子どもたち2人におつかいに行ってもらうことにしました。

それぞれに200円ずつ渡したところ、
息子「お釣りはどうするの?」
 私 「お小遣いにしていいよ」
息子「お菓子を買ってもいい?」
 私 「いいよ」
 娘 「私も買いたい」
 私 「お兄ちゃんに計算してもらって買ったらいいよ」

8%になって消費税表示が税込みだったり税抜きだったりでややこしく、大丈夫かな~と思い、「税もあるから、ちゃんと気をつけて計算するんだよ~」と声を掛けて送りだしました。

娘用のジュエルペット歯ブラシ ¥141
息子用のポケモン歯ブラシ ¥122
うまい棒 10本 ¥100
商品合計¥363 消費税 ¥29 合計 ¥392 おつり ¥8とすばらしい計算のおつかいを終えて無事に帰ってきました。

そうなんです、小学1年生と年中さんの適切な行動がいっぱいだったのにも関わらず、

買ったうまい棒をお店から出てすぐに1本ずつ食べてしまった(エヘヘ)の報告で、不適切な行動に先に注目しちゃいました。

適切な行動がいっぱいだったことに気が付いた時には、子どもたちは外に遊びに出てしまった後でした。

子どもの不適切な行動に出くわしても
1.まず、「よかった!」と思う。次に何が「よかった!」か見つける。
不適切な行動の中にも必ず適切な行動があるわけですから、子どもの行動の適切な側面に注目するように鍛錬、鍛錬です。

まだまだ私は不適切な行動に出くわしたら、その時は適切な行動を見つけることができなくて、時には陰性感情で子どもたちと接してしまって、

「ダメだ、ダメだ」と自分が反省してから、思い出すように適切な行動を見つけるというまだまだの段階。

感情は自分が決めるものですから、まずは「よかった!」と思うことを決めて行動したいと思います。

今回のおつかいについては、気が付いたのだからちゃんと伝えなくてはと思い、その後、夕飯時に再度、おつかいの話をして、適切な行動について子どもたちに伝えましたよ。その時の2人の顔は自慢気で、一つ自立を身に付けた感じでした。そうそう、こうして子どもたちは成長していくのですよね。

3歩進んで2歩下がる速度ではありますが、2016年もアドラー育児で歩んでいきます。