アドラー心理学「勇気づけ」で
「自分の問題を自分で解決できる能力がある」子どもたちのお手伝いができるよう日々鍛錬中

2016-04-22

「すっかり忘れています」からステップアップ

再び週末です。

今週は当番ではないので給食エプロンは持ち帰ってきませんでしたが、金曜日は上靴と体育用の帽子を持ち帰って来ました。

で、やっぱりすっかり忘れています。

そこにどうしても陰性感情を持ってしまう私。
その気持ちのまま「共同の課題」にしたところで根本的な解決にはならないのだと分かっているけれど、「でもでも」と自分自身に言い訳をして、息子に声掛けをしてしまう。

「意識的下手」から「意識的上手」へステップアップするためには、覚悟を決めよう。

私は「課題の分離をする」と決めます。

これは「子どもの課題」
結末をしっかり体験してもらおう。

息子の行動にどう私は勇気づけられるかをシミレーションしておこうと思います。
咄嗟に「勇気づけ」ができる「無意識的上手」に一気には成長できないんでね。





0 件のコメント:

コメントを投稿