アドラー心理学「勇気づけ」で
「自分の問題を自分で解決できる能力がある」子どもたちのお手伝いができるよう日々鍛錬中

2016-04-29

相乗効果

「課題の分離」3日目、息子は熱を出して学校を休みました。
黄砂と花粉症で鼻づまり、くしゃみ、咳だと思っておりましたが、風邪の症状も出始めていたんですね。吐き気もあって、診断は胃腸風邪でした。

そういうことで、その日、私は仕事を休みました。

仕事が休みになったので、普段は送っていくところを娘はバス通園となりました。

その日は雨。雨だけれど、決して長靴を履かない娘は、いつもの靴。
それもメッシュですぐに濡れるのに、水たまりに足を入れ始めました。

雨の日に長靴を履く、履かないについては課題の分離で、陰性感情からサヨナラできていますが、メッシュのスニーカーで水たまりに足を入れるのを見ると陰性感情を持ちました。

今までなら
「濡れるよ~」
「やめようよ」
「やめなさい」の3段階で、最後は怒りの感情を持って、娘のその行動を止めさせていましたが、静かに見守ることができました。

何度か経験済の娘は濡れることを知っていても、水たまりで遊ぶことの楽しさを選んでいるのかもしれませんね。ま、聞いてみないから彼女の想いは私の想像なんだけど。

雨で靴下が濡れるのは親の私からしてみれば不適切な行動なんだけれど、娘にしてみれば、水たまりでバチャバチャできる最高の遊びなのかもしれません。

ならば濡れないように長靴を履けばいいのにと私は思うけれど、娘には娘なりに考えがあって、いつもの靴で水たまりに入ることを選んでいるのだろうね。次の機会に聞いてみよう。

そう思うと、今日は陰性感情を持ったけれど、次の雨の日が楽しみになってきました。娘の目的を聞けば陰性感情から抜け出せるような気がしてきました。

相乗効果で、娘の行動への陰性感情の付き合い方も少しは上手くなったかな?と思っています。
それでも他にまだまだ色々とありますが、それも一つ一つ丁寧に向き合えば、一つ一つずつ陰性感情から抜け出せるのかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿