アドラー心理学「勇気づけ」で
「自分の問題を自分で解決できる能力がある」子どもたちのお手伝いができるよう日々鍛錬中

2016-05-28

子どもの話を聴こう。適切な行動に注目しよう。

エピソード分析をして、学びはありましたが、それでも上手くいかないときはあります。
私の私的感覚は変わらないけれど、娘は成長し、また違う考えを持ち始め、今までの対応では上手くいかない、そして私はそのときの不適切は行動に注目して、陰性感情を持つということがあります。

以前の「朝ごはん」のエピソードもいろいろと形を変えて、私の私的感覚を刺激し、私は陰性感情を持つことがあります。

私の私的感覚、ごはんは残さずに食べてほしい=食べ物を大事にするはあまりにも抽象的で子どもたちに上手く伝わっていないのでしょうか?

ごはんを食べるという日常の中で、私は娘と「食べ物を大事にする」ということについて

食べられそうな分を子どもに予め確認したり、
キライなものはほんの少しだけ頑張ってみたり、
と相談しながら学んでほしいと願っていて、そのように行動にもうつしているのだけれど、なかなかうまくいかない。

例えば、ビュッフェで食べられると思ってお皿にいっぱい盛ったけれど、食べられなくて残してしまったというようなことです。「食べられる分だけね、あとからおかわりしたらいいよ」と声掛けしても、「食べられる!」と言う、そして、言葉を信じて、娘の言う通りの分量を取り分けたのにも関わらず、やっぱり残すということが繰り返されています。私の私的感覚はこの行動が何度も繰り返されると、どうしても容認できなくて、ドッカーン(怒り-5)となるわけです。

娘も私が怒ることを学んでいて、私が怒らないように、食べられないものを隠したり、兄のせいにしてみたり、娘も娘で対処行動を色々と考えて行動を起こします。またそれに対して、私が陰性感情。これこそ、ピンポンゲーム!?

基本に戻ろう、子どもの話を聴こう。適切な行動に注目しよう。
私は相談しながら学んでほしいと願っているのだから、私の怒りはその学びにはほど遠いこともよくよく分かりました。ドッカーンと怒る私に相談できるわけないものね。


*****

そして、食べられないものを隠した日(朝の出来事)に関して、冷静になった帰宅後、娘と話しをしました。

すると、「朝の出発の時間が近付いているけれど、どうしても食べられなくて隠した」ということでした。このエピソードを自助グループで話したら、娘なりに色々と考えて、朝の出発時刻も考えて、私を怒らせないように協力してくれているということに気が付かせていただきました。

そうやっぱり娘は常に私に協力的なんですね。陰性感情を持ったら、まずは「協力的」な部分を探そう。そこに気が付けば、陰性感情からも容易に抜け出せるかなー。実行あるのみ!



0 件のコメント:

コメントを投稿