アドラー心理学「勇気づけ」で
「自分の問題を自分で解決できる能力がある」子どもたちのお手伝いができるよう日々鍛錬中

2016-06-22

娘からの教え

自分ひとりでは解決できそうになかった子どもたちの不適切な行動の一つ「ゴミはゴミ箱に捨てる」については光が見えてきました。

自助グループのみなさんに今の状況(エピソード)を分析してしていただき、私の導きだした答え(共同の課題にする)とは別の視点で具体的な代替案も学ばせていただき、私の子どもたちに学んでほしいことの目的も共同体感覚を育成するという視点からも明確になっていますので、そこに向かって進みます。


ゴミをゴミ箱に捨てるについては子どもたちと相談して、忘れるならば、見えるところに「ゴミは ゴミ箱に捨てましょう」と書いた紙を貼って、面倒ならば、比較的近くにゴミ箱をもう一つ用意しと、それなりに丁寧に進めてきました。それでも、やはり完璧にはほど遠い。
そのゴミを見る度に、「いいかげんにしなさい」の-5の陰性感情は持たなくなったものの、「どうしたら捨ててくれるのだろうか?」と-1、 -2の陰性感情を持ち続けております。

その陰性感情がなくなる工夫をしなければならないのですが、今までの学びの経験と、自助グループのみなさんからの学びとで、できるような気がしてはいたものの、「あああ、こういうことなんだ」と実感として教えてくれたのは娘でした。


今朝、私はパンを焼いたまま、本当にすっかり忘れていました。
パンを焼いてトースターに入れたまま1回、その後、思い出して、お皿に置いて、何らかの用事で席を立って1回、2回も続けて。

すっかり忘れている私に、娘は「お母さん、パンを食べるの忘れているよ」と別の用事をしていた私のところにパンの入ったお皿を届けてくれました。

娘の行動は忘れているから助けてあげようという想いからの行動でした。
陰性感情なんてどこにもなく、「あああ、こういうことなんだ」と実感したんです。

私には娘を困らせようという想いなどどこにもなく、本当にただただ忘れていただけ。
そんな私に「なんで忘れるんだろうね」「どうしたら忘れないようにできるかな?」と-5という陰性感情でなくとも陰性感情を持って娘が言い出したら、私は確実に勇気をくじかれる。でも、日頃の私はそういう風に子どもたちに接しているんだなと。


母「すっかり忘れてたわ、教えてくれてありがとうね」
娘「忘れているからどうしたらいいかなと思ったよ」
母「なんで忘れちゃったんだろうな」
娘「わすれん帽(妖怪ウォッチの妖怪)なんじゃない」
母「そっか、わすれん帽の仕業か」


ゴミをゴミ箱に捨てるについては、子どもたちはもう十分に学んでいるんですよ ね。
他のことに夢中になって忘れた、今は面倒だから、後でしよう、色々な理由はあるんだろうな。
今朝の私は何で忘れたかも分からないから、そういうこともあるのだろう。

娘は私を確実に勇気づけてくれました。娘に見習おう!

2016-06-20

本能との闘い!?ブレークスルー・クエスチョン

6月のある日、野田先生の公開カウンセリングに参加してきました。
公開カウンセリングそのものからも学ばせていただきましたが、野田先生の事前の講義にもたくさん学びがありました。

私が苦戦している「不適切な行動への注目しない」は本能との闘いみたいです。
「動物は生きていく中で具合の悪いことは本能的に気付くようにできている」とおっしゃっていました。本能だから仕方ない!では学びがない。そして、私はそのときに陰性感情を大きく作り出してしまうので、その陰性感情から抜け出す必要があります。その答えは、「不適切な行動の中にある適切な面を探す」です。感情は変えられないから、感情を生み出す思考を変える、そのようなことをおっしゃっていました。そして、やはり答えはパセージにありました。

アドラー心理学に基づく考え方は日々の実践で身につくものなので、これをすればあなたもアドレリアン!というものはありませんね。だからこそ実践するのみで、歩みのゆっくりな私も少しずつですが陰性感情がトーンダウンしてきています。


・子どもたちがゴミをゴミ箱に捨てない

「いいかげんにしなさい、何度言ったら分かるの」の-5の陰性感情を持つことはほとんどなくなりました。そうはいっても-1~-2の感情がニョキニョキと出てきますが、そのときは極力、自分でゴミを片付けるようにしています。やさしくきっぱりと冷静に言えるときだけ、「ゴミが落ちています」と事実を伝えたり、「片づけて下さい」ときっぱりと言ったり、そんな状態です。もう少しで共同の課題にするために子どもたちと相談できるかなと自分に期待しています。


 ・息子の食事マナー(手を使う、クチャクチャと食べる)
生理的に受け付けないところもあるため、とにかく何も言わないというスタンス=共同の課題に進むための前段階です。まだ、一度、不適切な行動に注目すると、ダダダダダーと流れそうなのです。やさしくきっぱりと「口を閉じて食べて下さい」と声掛けできたとしても、その数分後には再びクチャクチャと食べてそうなのでね。もっと適切な面に注目できるようになった後、食事をしているときでないときに、ちゃんと相談することから始められるといいかなと思っています。



少し前から自助グループでも、そして、野田先生の公開カウンセリングでも学んだブレークスルークエスチョンという方法が、停滞していた私を少し前に進めてくれました。

ブレークスルー・クエスチョンは野田先生が補正項にも書いておられました。

1)不適切な行動をする子どもの適切な側面を考え、2)その子に学んでほしいことを考え、3)『パセージ』のどの部分を使ってそれを学んでもらうかを少なくとも2つ考える、という方法

パセージプラスを学びエピソード分析の方法も何度か自助グループのみなさんとしましたが、一人で向き合うにはまだまだ力不足で、分析してはみるものの、「どうしたらいいのかな、私?」と学びが疑問で終わってしまうこともありますが、ブレークスルー・クエスチョンだと一人でも代替え案にたどりつけそうなんです。

学んでほしいことという視点で考えてこなかったことを反省して、学んでほしいその目的をしっかりと持って育児をしていこうと新たに思った公開カウンセリング。参加してよかったです。




2016-06-11

「不適切な行動に注目しない」苦戦中

食事のマナーとお菓子のゴミに関しての「不適切な行動に注目しない」の実践は苦戦しております。

幾度となく、注目しないを試みては、どうしても陰性感情を捨てきれなかった不適切な行動ですから、時間はかかるだろうと思ってはいますが、長年蓄積したものがあり、言わずにはいられない、自動的に注目して、口から言葉が出てきます(苦笑い)

不適切な行動をする子どもの適切な側面を考えたいんだけれど、悪しき習慣(考え方の癖)がかなり根付いているので、そこまで辿りつきません。

また、食事については、適切な側面(元気にごはんを食べている、おいしいと食べている、残さず食べたetc)を考えつきやすいのだけれど、お菓子のゴミ問題についてはなかなか適切な側面を見つけにくい・・・

これは私一人では難しいかもな。
自助グループのみなさんに助けてもらおうかな。



2016-06-08

兄妹喧嘩

2歳差の兄妹、喧嘩するする。言いつけに来る来る。
明らかな兄妹喧嘩には介入しないようにしていますが、ほぼほぼ毎日、兄は妹に戦いごっこを仕掛けます。百裂肉球 by 妖怪ウォッチやらポケモンのわざやらを仕掛けます。そして妹は泣く、そして私は陰性感情。これは喧嘩なのか?「イヤ」と言っているのに止めないのはイジメじゃない?と思うわけです。

そういうモヤモヤした気持ちを持ちながら、介入したりしなかったりの日々を送っていたのですが、

息子がいつもと同じように戦いごっこを仕掛けようとしていたのですが、私がそこにいたからかもしれませんが、実際には叩く真似。

でも私はいつものことかと思い(マイナス1くらいの陰性感情)ながらも、冷静に「戦いごっこしたいときは、娘にしてもいいか確かめてからしてね」と言ったら、予想外に娘から「戦いの真似だよ」と返事が返ってきました。

そのときに「あ、娘は「いや~」と泣いてはいるものの、戦いごっこの遊びを楽しんでいるのか?」と感じたのです。

これはいいチャンスだと思ったので、
母「いつも、戦いごっこで娘ちゃんが「いや~」て泣いているからさ、お母さん、戦いごっこは嫌なのかなと思ってたよ。これからいやなら自分で止めてってお兄ちゃんに言ってね。」
娘「うん」

娘の気持ちも確かめられたので、戦いごっこは陰性感情なく見守れそうです。
それでも、時々、力の加減が分かっていないようなときがあるようにも思えるので、ケガはしないように、見守っていきたいと思っています。


2016-06-04

不適切な行動に注目しない

先の記事に書いたように、私が今、抱えている陰性感情、子どもたちの不適切な行動と感じているものは

・子どもたちがゴミをゴミ箱に捨てない
・息子の食事マナー(手を使う、クチャクチャと食べる)

この二つです。

この二つはパセージの「子どもには結末がかえってこない場合」なのだと思います。

ゴミをゴミ箱に捨てずに、床に落ちていてもほとんど気にならないうちの子二人。
うちは和室がリビングなので、床に座るのですが、座って、本を読みながら、お菓子を食べると、本を読むことに集中するからか、そのお菓子の包み紙は床に置かれたままになります。私はそのような状態に私的感覚が反応しますが、子どもたちは気にならず、部屋が散らかっているという状態は子どもには結末がかえってこないのです。

息子の食事マナーについてもですが、将来、手を使って食べたり、クチャクチャと食べたりすることで結末がかえってくることは必ずあると思いますが、今の息子に結末がかえってこない。



私なりに陰性感情に向き合ってみて、不適切な行動に注目せずにおこう!と思っても、その意識が反対に動き気づく。
じゃあ、適切な行動に注目しようと思うと、なかなかその時が訪れないようにみえて、反対に不適切な行動に気づく。

そんな風に気づいて、気づいて、そして陰性感情。
毎日のことなので、優しくきっぱりと伝えることあれば、口を出さないようにすることもあれば、いやーどうしても言わずにはいられない!とマイナス感情丸出しで勇気をくじく時もあるというのが、今の私。表面的に優しく振舞ったり、口を出さずに陰性感情を沈めても、そこには陰性感情があって、私のもっと根本を変えて、心から陰性感情を持たないようにならないと、繰り返すだけだと思っています。

とにもかくにも不適切な行動に注目しない。
今の私は子どもたちがゴミをゴミ箱に捨てていたり、食事マナーが守って、適切な行動をしているときに注目するのも、一旦、中止。
この2つのことに関して、負の注意も正の注目もしないことから始めます。

陰性感情を持ったときに、その陰性感情に向き合って、「よかった」と思うことを見つけてみます。

この2つは根っこが一緒の陰性感情だと何となく思っていて、だから、どちらかの陰性感情から抜け出せれば、同時に抜け出せられると思っています。

ま、とにかく実践あるのみ!

2016-06-03

言葉ではっきり頼まれたので

娘は幼稚園の延長で体操教室に通っています。
体操教室の道具を用意して持っていくのは娘の課題。そうはいっても、まだ曜日感覚がしっかりと身についていないところもあるので、時々、声掛けをしてお手伝いをしています。

私も娘もすっかり体操教室のことを忘れて、登園してはじめて思い出した母娘。

母「あ、今日、体操教室だった。すっかり忘れてたね」
娘「あ」
母「どうしようか?」
娘「持ってきて」
母「今日は体操服だし、このまま体操教室でできるよ。お母さん、このあと用事があるから持ってくるのは難しいわ」
娘「分かった」

という会話をして、幼稚園をあとにしたのです。

課題の分離で、この通りでも問題ないと思うのです。
娘も忘れたことから学んでくれると思うのだけれど、今回は言葉ではっきり頼まれたな~と思い直して、用事といっても再び幼稚園に忘れ物を届ける時間を作ることは可能だったので、届けることにしました。「お母さん時間ができたから届けにきたよ」という言葉を添えて渡しました。


娘は体操教室の道具をたまたま忘れたので、そのことに陰性感情を持つこともなく、娘の「分かった」にも娘の力を感じて、

ここに私の陰性感情はゼロだったからこそ、普段は仕事で届けるのは無理だけど、今日は届けられるなら、届けてあげようという気持ちになったのです。

野田先生が「陰性感情から抜け出せばさまざまのことができる」ということを補正項に書いておられたが、こういうことなのかな~と思いました。


以前の私は課題の分離が苦行でした。課題の分離、課題の分離と言い聞かせてようやくできたり、結局、課題の分離の重圧(?!)に耐えられずに口出ししたりしていたのですが、少しステップアップしたかなと思っています。

課題の分離ができているので、声掛けをすることはあるけれど、その声掛けに相手がどういう風に対応するかに感情があまり反応しないようになりました。

私の声掛け(アドバイス)を子どもが受け入れようか受け入れまいかにどちらでもいいという感じですかね?アドバイスを受け入れても学んでくれるだろうし、アドバイスを受け入れてくれなくても、結末を経験することで学んでくれるだろう、だからどちらでも親はお手伝いできているかな?と思えるようになったということです。

例えば、この娘とのこのエピソードの後、私が娘に「忘れないように前の日に準備しようか」というアドバイスをしたとして、それを娘が受け入れてくれなくても、受け入れてくれなくてもどちらでもいいということです。
   
  実際はこういうアドバイスをしたわけではなく、
  このエピソードのアフターは
     
     母「今日、忘れてしまったね」    
     娘「そうだね」    
     母「どうしたら覚えていられるかな?」    
     娘「カレンダーに印をつける」    
    
    という話し合いをして、    
    我が家の予定を書き込むカレンダーに   
    体操教室のある日を蛍光ペンで塗りました。



今回の課題の分離は大きな進歩で、色々と波及して違う課題も分離ができるようになって、陰性感情が抜け出せたところもあるけれど、それでも、まだ抜け出せない私がどうしても不適切だと感じて、陰性感情を持つものがあります。

自分の陰性感情に丁寧に向き合ってみた結果、私はどうも子どもには結末がかえってこない場合の自然の結末にまかせることができない課題には陰性感情で持って相手を動かしてしまっています。パセージには子どもと共同の課題を作った方がいいでしょうとありますので、このことについて、また一つ一つステップを踏んでいきたいと思っています。