アドラー心理学「勇気づけ」で
「自分の問題を自分で解決できる能力がある」子どもたちのお手伝いができるよう日々鍛錬中

2017-06-26

それぞれの学び

うちの兄妹、全く違った性格をしています。
体質も違うのか、兄妹で、風邪やインフルエンザなどの感染の病でも、一緒の部屋で寝たとしてもうつることないほど!の違いを持つ2人。

こんな兄妹、同じように接しても学びが違います。

例えば、我が家は私が夕ごはんの後片付け=食器を洗う時に
「今から洗い物を始めまーす」と宣言することにしています。

学校に毎日持って行く給食セットの管理は子どもたちそれぞれの課題です。
それでも、使い終わった箸やコップを洗うこと、ナフキンなどの洗濯やそのアイロン掛けは、家事のついでもあるので、私が担うことで協力を申し出ています。その協力の申し出ての声掛けが「今から洗い物を始めまーす」です。もちろん、この声掛けに込められた私の意見も説明して決まった声掛けです。

その私の声掛けに
息子は洗い物(給食セット)を出さない、娘は出す、それぞれが違う選択をします。

私が子どもなら?と考えたら、絶対、娘の「出す」を選択します。
ダンナには直接聞いたわけではないけれど、日々のダンナから息子への声掛けからすると「出す」を選択するのだと思われます。だから、息子の「出さない」の選択には3人とも???で分からないところ。息子以外の3人は「出せば洗ってもらえる!」と思い、息子は「自分でやります!」と思っているようです。

というには、息子は学校に行く前に、淡々と自分の給食セット(箸とコップ)を洗い、キレイにして準備をします。時にギリギリで焦っている時はあるけれど、決して、「何でお母さんが洗ってくれないの!」とは言いません。自分の課題だと理解して淡々とです。

こういう息子の行動を目の当たりにすると、息子の「出さない」選択は何も間違っておらず、ただただ、私とは違う選択をし、また違う方法で自立へと歩んでいるのだと思えるようなりました。

自立への道は色々あって、私が想像できない道もあるんだろうな。
想像できないことが起きると不安になるけれど、子どもたちとは話ができる間柄、聴くことでしか子どもたちの考えが分からないのだから聴く。

陰性感情を持つエピソードの多くの行き着くところは「子どもの話を聴く」だったりします。


2017-06-22

適切な側面に注目

ごはんを残さず食べるについては、娘とは考え方の違いがあることを認識したので、私は私の「私的感覚」と折り合いをつけながら過ごしていて、陰性感情は持つ時もありますが、このことで娘と衝突することはほとんどなくなっています。

そんな娘と私のことを横に置いておいて、

学校の日の朝、おかずを半分残して、朝ごはんを終えた娘の皿を見て、息子が「あ、また残しているね、でも、半分は食べているからいいか」と言いました。

息子くん、あなたはちゃんと適切な側面に注目することができるんだね!尊敬です。

息子は時々だけれど、家族や自分自身の適切な面を口にします。
そんな息子に私は勇気付けをいただいています。


P.S. もちろん娘にも勇気付けをいただいています。


2017-06-17

夏休みのイベント

夏休みの地域で開催のイベント情報案内が次々と学校からもらってきます。夏の自然体験キャンプ、物づくり、科学教室etcと色々です。

子どもたちの話を聴いて、申込みをしています。
多くが抽選なので、参加できるかどうかがまだ分かりませんが、「子どもたちが行きたい!」と思うものは積極的に動きたいと思っています。

こういうイベント、親の私が子どもたちに経験してほしいものと、子どもたちが行きたいものと、異なることがあります。

夏の自然体験キャンプ、行ってほしいな~と思って、相談してみるけれど、子どもたちから「No」の返事。

娘は意志をはっきりと伝える子なので、イヤなものはイヤで、説得しても無理だろうけれど、
息子は親の行ってほしい気持ちを察して、自分の気持ちを抑えるところがあるので、説得したら「行く」と言うと思います。

息子は新しいことに挑戦することに慎重なところがあって、場所見知り、人見知りの幼児期を過ごしていました。他にも客観的な事実の基、療育の支援を受けておりました。そして、「大丈夫なんだよ」ということを体験することも大事という療育の先生からの言葉もあり、行きたくなさそうなところでも、親が付いて行くことや安心であることを説明して、もちろん、泣いて行きたくないというようなところには連れては行きませんが、親が「息子なら大丈夫だ!」と思うことを少しずつ行動に移してきました。

こういう経緯があって今の息子がいて、確かに決断までには時間が必要だけれど、色々なことは自分で決められるようになりました。だから今はその「No」の答えには「はい、分かりました」と私の気持ちは下すことにしています。

キャンプなどの課外活動を異年齢の人と過ごすことはいい経験になるとは思うけれど、それは子どもが「楽しい」と思うことがあってのこと。楽しくないかも?と思っていたけれど、行ってみたら楽しかったという経験もあるとは思うけれど、たぶん、うちの子どもたちはその可能性が低いように思います。その子、その子の性格やら日頃の行動などから思うことなので、私がそう思う根拠をここに書くのは難しいけれど。

ただ息子のように、親の気持ちなどに応えようとしてくれることに便乗して、私の気持ちを押し付けてはいけないと自戒しています。私はグイグイと自分の意見を押し付けちゃうタイプなので・・・。

子どもたちからの「No」に残念だという気持ちはあるけれど、子どもたちの夏休みを楽しく過ごすための相談。その相談の目的さえちゃんと分かっていれば、子どもたちの「No」の返事をちゃんと受け止めることが、私が協力的できることだと思っています。


2017-06-15

プラスノート

アドラーギルドで野田先生がまとめられた「勇気づけの歌」を見ることができます。

http://adler.cside.com/library/encourage.pdf

歌の中に

"プラスを見つける工夫をはじめよう
相手の長所をノートに書いてみる
よかった点を毎日思い出す
適切な面をいつでも考える″ 


とあり、プラスノートをつけてみるのもいいと自助グループのお仲間さんから教えていただいたので、付け始めました。

日記帳を買って頑張るぞ!と最初は思いましたが、続けることが一番だと思って、手元にあったマンスリースケジュール帳に文字にして20文字程度のプラスノートをつけることにしました。

20文字程度なので、プラスのエピソードとしては1つ書くだけですが、それが私の性分に合っていたのか、たまに2,3日空いてしまいますが、そこは振り返りながら、1ヶ月近く続いております。

このプラスノートを書くことで、その時は気が付かなくても、振り返って適切な面を見つけることができ、それが次へとつながっているような気がします。

どうしてもプラスよりもマイナスの感情が強いエピソードは、それはそれで書き留めて、ゆっくりと自分なりに振り返って、代替え案を探すようにしました。

文字にすることで、私はかなり冷静になることができます。
噴火型の(一気にー5まで到達する)怒りがずいぶんとなくなりました。






2017-06-12

課題の分離と共同の課題 その5

「お風呂」に関わる課題は、陰性感情がずいぶんと小さくはなったものの、モヤモヤが消えない。みなさんのお力を借りようと自助グループのみなさんにご相談しました。

相談することで、「お風呂に入る、入らない」という問題の後ろに隠れていた、私的感覚が見えてきました。


相談したエピソードは、
子どもたちが一緒にお風呂に入りたいと希望するので、お風呂に入る時間を具体的に相談をして決めます。その時間にお風呂に入るために私は家事を済ませて、準備をし、その決めた時間にお風呂に入ります。
「○時(約束の時間)だからお風呂に入るねー」と子どもたちに伝えて、私はお風呂に入ります。
お風呂に入って待って、5分、10分と経ち、子どもたちがお風呂に入ってこないと「なんで約束の時間を守らないの」と思って、陰性感情を抱きます。

対処行動:「なんで約束の時間を守らないの」と思う
(このエピソードでは特に子どもたちに言葉や態度で対処行動を起こしていないので、思うとしました)
感情:-2(怒り)
考えていたこと:なんで約束の時間を守らないの?お母さんはこの時間までにするべきことをしたよ

私の陰性感情は、前回にも書いたように「子どもたちが望んで、それに応えて、私はお風呂の準備をした。ならば、子どもたちはその対価として行動にして示さなければならない」と私が思っていて、陰性感情を抱くことに気が付きました。
しかし、私は約束を守らなかった子どもたちに「ごめんなさい」と謝ってほしいと思っていることにみなさんのお力で気が付かせていただきました。この仮想的目標は競合的ですよね・・・(苦笑い)

ということで、協力的な構えに変えるために、具体的な時間を決めないことにしました。

私「今日はポケモンが7時からあるねー見る?」
子「見る」
私「じゃあ、お母さんはそのテレビが終わったらお風呂に入ろうかな」
これくらいのざっくりとした相談だけすることにしました。
そして、おおよその時間になったら、「お母さん、これからお風呂に入るねー」と声掛けをします。
後は子どもたちの選択にお任せです。

息子はほぼ確実に「一緒に」入ることを選択するし、娘は入ったり、入らなかったりとその日の気分で「一緒に」を選択します。約束の時間がないので、「なんで約束の時間を守らないの?」の考えを持つことはなくなりました。

「ごめんなさい」と謝ってほしいことを目標にしていたのは、私自身にも謝ってほしいと思っていたのもありますが、社会で生きるにあたって、約束の時間を守る大事さを子どもたちは知っているのかな?と不安に思っていることからくるものだとも気が付かせていただきました。

「社会でちゃんと学ぶよ」とのアドバイスをいただいたのですが、知っているのか、知っていないのかを確認したくて、
冷静なときに、お風呂の話ではなく、違う例え話をして、子どもたちの話を聞いてみたら、ちゃんと知っておりました。

私の心配も無用ということが分かりましたので、不安という陰性感情も抱くものがなくなりました。


子どもたちは「一人でお風呂に入れる」能力があると感じてくれていると思うし、
「一緒に入りたい」という子どもたちの気持ちにも寄り添いたいと思って私は動いているので、私は仲間だと感じてくれていると思うし、

これで協力的な方向で向かっているかな?