アドラー心理学「勇気づけ」で
「自分の問題を自分で解決できる能力がある」子どもたちのお手伝いができるよう日々鍛錬中

2017-07-24

夏休み

夏休みが始まりました。

終業式の日に、子どもたちに「夏休みの遊びと宿題と相談をしたいのですが、いいですか?」と尋ねて、了解を得たので、夏休みの予定を色々と相談しました。

娘は小学生になってはじめての夏休みなので、宿題の段取り、いついつまでに何を済ませる予定かなどを相談しました。
(娘が「はじめてのなつやすみ」というプリントに「はじめてではない」とツッコミを入れておりました。ごもっともです。そういう理由で、小学生になってを強調してみました。)

息子には「お母さんと相談して決める?それとも自分で決める?」と尋ねたら「自分で決める」とのことだったので、自分で宿題の段取りを決めました。3回目の夏休み、頼もしいです!

娘は読書感想文や夏休みの自由研究(工作)などはじめてのことが多いので、相談しながら進めるとしても、息子の宿題は見守るつもりでいます。3回目の夏休み、息子ならば自分のやるべきことが分かっていて、その進め方も分かっているだろう。親の私も心を決めて「課題の分離」で見守ろうと思っています。


さて、子どもたちの夏休みに私も毎日頑張ろうと思います。
子どもたちそれぞれに「夏休みのくらし」という表があり、毎日頑張ることが小1は3個、小3は5個、子どもたちがそれぞれに決めたことを頑張って、出来たら色を塗るという宿題があります。

毎日コツコツ忘れずにするのって大変ですよね。
やりたくない日もあるだろうね。

それを口うるさく、毎日チェックするのは、私の本意ではありません。でも、ついつい言ってしまうのですよ、私・・・。だから、どれだけ大変か、億劫かを親の私が一緒に体験することで、私の陰性感情を落ち着かせられるかな?と思って、挑戦してみることにします。

私の掲げた目標は

1.水を1.5リットル飲む
2.ストレッチをする
3.朝5:30に起きる

小3の息子は5個あるのですが、私は娘と同じ小1レベルの3個にして、私の夏休みもスタートします。








0 件のコメント:

コメントを投稿